【News Topics】

 

     9歳からの子育ては、親子関係の大きな分岐点!
子どもの心と言動の変化と、接し方の基本形を知って
生涯に渡っての親子関係の基礎づくりを!
 

 

学校へ行きたくない…
子どもたちからそう言われたら…!?

 

 

      何かあったのか?
いじめられてるんじゃないか?
色々考えてしまいますよね。

 

 いじめられているような気配が察知できたら、即、対処しましょう!!

 あらゆる手を使って、情報を集め、協力者をつくって対応する必要があるでしょう♪

 でも、その時に気を付けてほしいことがあります。

 

 刑事ドラマのように、「尋問」しないこと!!

 状況がよく分かるまで、じっくり時間をかけて

 冷静に、事実を検証していくこと。

 

 

 でも、特にいじめがあるとか、そういうわけでもないみたい・・・

 原因が良く分からないというケースが、案外多いようです。

 

 とにもかくにも、このままでは勉強についていけなくなってしまって

 将来困ってしまう…

 

 なんて、アセっている保護者の皆さん、お気持ちはよ~く分かります。

 

 けれど、ちょっと待って!

 

  アセるあまり、さらに子どもを追い詰める結果になってはいないでしょうか?

 

 

 「学校に行きたくない」子どもの思いを

 どのように受け留め、どのようにサポートしていくか

 その考え方や具体的な方法を色々お伝えします。

 

 そこから、状況に応じて、あなたのケースにより良い方法を
 その時々で実践してみましょう!

 

 まずは、あなたの見方・考え方が変わることで、
 お子さんの受け留め方、支え方が変わってきます。

 それが、お子さんの力に変わっていくことでしょう!

 

 お申し込み、お問い合わせは、こちらに!

 

 

日 時:20171217日(日)13:3016:30

 

場 所:広島県民文化センター

 

参加費:3,000

 

定員:10

 

小学生の楽しい算数 数・形あそび

子どもたちの人生は、生まれたときから…

おなかの中にいる時から…

もしかしたら、その前からずっと…!?

 

幸せの青い鳥を探しに出たチルチルとミチルが見た

産まれる前の子どもたちは、

産まれてからの「自分」の準備をしています。
でも、その準備は、みんなそれぞれ違っているのです。

 

皆さんのお子さんたちも、何かを準備して
産まれてきているのでしょうね♪

では、一体何を…?

 

  それを探しあてるのが、子育ての… 人生の… 醍醐味なのかもしれませんね!

 

1. 子ども時代を知ることで、悩まない子育てに!

子育て中は、目の前のこと・少し先のことで

頭がいっぱいになってしまいがちですが…

「もう少し先」を見通してみると

案外、答えは簡単に見つかるのかも…

 

将来、大人になった時に、どんな人になってほしいのか…

子どもたちと、どんな人生を歩んでいきたいのか…

 

考えてみることで、今、大事なことは何か…が見えてくる。

  

子どもってどんな存在?

どんな風に成長していくの?

しつけや遊び、習い事、何を選択すればいいの?
もう少し、スマートにやる方法はないものか?

子育て、子育て支援活動の体験や学びから、
子育て真っ最中の皆さんに、お勧め情報をお伝えしています。

 

子育てゼミナール・お話会・メール配信・相談会等…

******************************************

   ◆子育てインターチェンジ2歳・9歳・14歳

   ◆2歳児のココロ:イヤイヤ・癇癪 どうすればいい‼?

   ◆2歳児の能力の見方・伸ばし方/遊びとしつけ

   ◆グローバル時代の幼児期の子育て

   ◆9歳のココロ:思春期への助走! 

   ◆10歳からの自分探し:キャリア力は、学習意欲に!

   ◆思春期の母力・覚悟を決めて!  

   ◆不登校を活かす!

   ◆子育ての怒りをコントロールしよう!

 

      などなど… 詳しくは、こちら!

 

 

2. 豊かな体験は、豊かな精神を育む

豊かな体験は、さまざまな知識・知恵を授けてくれるでしょう。

そして何より、喜びや感動をもたらしてくれます♪

小さな達成感を積み重ねることで、自信と自己肯定感を身につけます。

もっとやりたい、もっと上手に…と、
さらなる知的好奇心・探究心を育みます。

 

そして、こうしたものづくりの体験は
新しいものづくりの礎に…。


豊かな体験は、豊かな精神を授けてくれると言えるでしょう!

 

そして、「本質」を知る力を身につけ

「本質は何か」を考える力を身につけ

不確かさの中から、「本質」を見い出す力に!

 

それは、これからますます必要になってくる力と言えるでしょう!