大型台風による被害発生に寄せて…

昨年の西日本豪雨災害に続き、今年は、中部・東北で台風災害があり
大きな被害が発生しました。
被害を受けられた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

私も、昨年の災害時に、義実家が被災し、
避難や復旧工事を余儀なくされましたが、
1年と数か月経って、ようやく、周辺の工事が終わったかな~と
感じていますが、まだまだ崩れた山の方は、手つかずのところが多く
道は長いなあと痛感しています。

今年、被害を受けた皆様も、なかなか進まない復旧に
ご苦労されるかと思いますが、
まずは、お身体に気を付けられ、助成や援助を受けながら
一歩一歩、復興に向けて、踏ん張っていただきますよう願っております。


私自身、昨年、車ごと水没しないで済んだのは、
きっと、この講師の方のお話を、数回聴いていたお陰だと思っています。

だからこそ、ぜひ、多くの皆さまに、お話を聴いておいていただき
いざという時のための備えや行動判断に、活かしていただけたらと思います。


キャンセルが出ましたので、あと若干組、ご参加いただけますので
この機会にぜひ、お越しくださいませ!!

11/23(土祝)防災・減災講座 開催!!

日時:2019年11月23日(土祝)15:00~17:00
会場:エソール広島(おりづるタワー10階)

参加費:18歳以上 おひとり1,000円(携帯トイレ付)
    18歳未満 無料
材料費:LEDランタンキット代 200円

※ご質問をいただきました。
 おりづるタワーの入場料は、不要です。
 会場は、展望台ではなく、オフィスフロアにあります。
 

尚、14:00~15:00 の時間で、「ひろしま女性防災会」さんによる

 

「子どもの食べ物、どう備える?」があります。

 

成長期に必要な栄養素や、アレルギーにも配慮された
備蓄食の試食や、防災グッズ展示も!!

 

 

 キャンセルなどが出たので、あと若干組ご参加お受けできます。

 
お申し込みは、こちらから…

おりづるタワー は、こちら!

子どもたちの人生は、生まれたときから…

おなかの中にいる時から…

もしかしたら、その前からずっと…!?

 

幸せの青い鳥を探しに出たチルチルとミチルが見た

産まれる前の子どもたちは、

産まれてからの「自分」の準備をしています。
でも、その準備は、みんなそれぞれ違っているのです。

 

皆さんのお子さんたちも、何かを準備して
産まれてきているのでしょうね♪

では、一体何を…?

 

  それを探しあてるのが、子育ての… 人生の… 醍醐味なのかもしれませんね!

 

1. 子ども時代を知ることで、悩まない子育てに!

子育て中は、目の前のこと・少し先のことで

頭がいっぱいになってしまいがちですが…

「もう少し先」を見通してみると

案外、答えは簡単に見つかるのかも…

 

将来、大人になった時に、どんな人になってほしいのか…

子どもたちと、どんな人生を歩んでいきたいのか…

 

考えてみることで、今、大事なことは何か…が見えてくる。

  

子どもってどんな存在?

どんな風に成長していくの?

しつけや遊び、習い事、何を選択すればいいの?
もう少し、スマートにやる方法はないものか?

子育て、子育て支援活動の体験や学びから、
子育て真っ最中の皆さんに、お勧め情報をお伝えしています。

 

子育てゼミナール・お話会・メール配信・相談会等…

******************************************

   ◆子育てインターチェンジ2歳・9歳・14歳

   ◆2歳児のココロ:イヤイヤ・癇癪 どうすればいい‼?

   ◆2歳児の能力の見方・伸ばし方/遊びとしつけ

   ◆グローバル時代の幼児期の子育て

   ◆9歳のココロ:思春期への助走! 

   ◆10歳からの自分探し:キャリア力は、学習意欲に!

   ◆思春期の母力・覚悟を決めて!  

   ◆不登校を活かす!

   ◆子育ての怒りをコントロールしよう!

 

      などなど… 詳しくは、こちら!

 

 

2. 豊かな体験は、豊かな精神を育む

豊かな体験は、さまざまな知識・知恵を授けてくれるでしょう。

そして何より、喜びや感動をもたらしてくれます♪

小さな達成感を積み重ねることで、自信と自己肯定感を身につけます。

もっとやりたい、もっと上手に…と、
さらなる知的好奇心・探究心を育みます。

 

そして、こうしたものづくりの体験は
新しいものづくりの礎に…。


豊かな体験は、豊かな精神を授けてくれると言えるでしょう!

 

そして、「本質」を知る力を身につけ

「本質は何か」を考える力を身につけ

不確かさの中から、「本質」を見い出す力に!

 

それは、これからますます必要になってくる力と言えるでしょう!

 

台風15号、19号と、立て続けに日本へとやってきた
大型の台風の被害に遭われた皆さま、心より、お見舞い申し上げます。

町にあふれる「泥」と、「ごみと化した家財」と
片付かないと、なかなか先が見えないことと思いますが
それが片付き始めると、一気に先が見えてくることと思います。
焦って無理して、体調を崩されることのないよう、
くれぐれもお気を付けください!!

まずは、「いのちを大切に!」
「二次被害」を防ぐことに注意して苦しい時期を
乗り越えていただきますよう、願っております。

 


また、私たちも、西日本豪雨災害から、1年とちょっと経って
ようやく前に進み始めたばかりの時期ですが
近年の気象状況を考えると、油断しないで


●いざという時に大事なことは何かを知り


●「我が家」の場合は?と、シミュレーションして

 

●備えること

を、進めていきたいものです!!

特に、小さな子どもたちや高齢の方が居るご家庭では
早目の避難やそれなりの備えを必要とします。


 避難のタイミングをいかに察知するか、


 いかに、子どもたちを連れて移動するか、

 

 何を持って、避難するか、


ちょっとした備えで、より避難行動もスムーズになります。

 


その判断を、「原理を知って、対策を講じよう!」と
さまざまな「とっておきの技」をたくさんお話してくださる

アウトドア防災講師 あんどうりすさんの防災・減災講座。

 

ぜひ、一度、聞いておかれることをおススメします!!


私自身、広島の豪雨災害時には、お話を聞いていたお陰で
被災を逃れることができました。

今後の豪雨に備え、まずは「知ることから始ませんか」?

 

 

停電時の灯りについて考える「ミニLEDランタンづくり」も!!

 

 

 

「ひろしま女性防災会」の防災士さんたちによる
「子どもの食べ物 どう備える?」も同時開催!!

ご参加、お待ちしています!