2016年

3月

05日

宇宙を学ぶ機会を創る理由とは…


 幼少期に、親子で夜空のお月さまやお星さまを見上げることは、

子どもたちが将来、心の奥底にある温かい記憶となってくれることでしょう。

 それは、
思春期や独り立ちしてからの、しんどい時期の彼らをどこかで支える記憶となるかもしれません。


 夜空を見上げることで、ふと宇宙の大きさを思い出し、気持ちを立て直すことになるかもしれません。



 保護者の皆さんが、成長した我が子に思いを馳せる時、夜空を見上げてその健康と幸せを祈ることもあるかもしれません!


 一緒に夜空を見上げるとともに、お月さまやお星さまの絵本とともに、宇宙の図鑑にも触れてみませんか?
 そこには美しい宇宙の姿が、たくさん紹介されています。
 まだ文字が読めなくても、その美しさは分かることでしょう!
 
 そして、実際に夜空を覗いてみませんか?
 ご自宅で天体望遠鏡を覗いてみたり、天文台、天体観測館などに出かけてみるのも良いですね!


 小学生くらいになったら、子ども宇宙アカデミーで、
 天文教育のプロから「宇宙」について学んでみませんか?


 私たちの暮らしが、実は、宇宙の営みに基づいて成り立っていることを
 次々発見していってくれることでしょう!

 朝が来て、夜になる… 空の青さ、月の満ち欠け、潮の変化も…

 そもそも一日はどうして一日なのか…?
 宇宙の果ては、どうなっているのか?

 日本でもたくさんのロケットが発射されるようになってきて
 日本人宇宙飛行士も、たくさんおられます。

 スマホの地図やより細かい気象情報が利用できるようになったのはなぜか?を知り
 
 次々に解明されはじめ、報道されている宇宙の最新情報も
 より身近なニュースとして感じ始めていただけることでしょう!

 

 

 これまで、2年間に渡って実施してきたカリキュラムです。
 
 小学生はもちろん、幼稚園のお子さんたちも、宇宙への興味・関心はもちろんのこと
 積極的に質問や発言し、考え、それを発表してくれるようになりました。

 ご家庭でも、それぞれに調べたり、体験に出かけたりされているようです。

 お父さんとお子さんの

幼少期に、親子で夜空のお月さまやお星さまを見上げることは、

子どもたちが将来、心の奥底にある温かい記憶となってくれることでしょう。

 それは、
思春期や独り立ちしてからの、しんどい時期の彼らをどこかで支える記憶となるかもしれません。


 夜空を見上げることで、ふと宇宙の大きさを思い出し、気持ちを立て直すことになるかもしれません。



 保護者の皆さんが、成長した我が子に思いを馳せる時、夜空を見上げてその健康と幸せを祈ることもあるかもしれません!


 一緒に夜空を見上げるとともに、お月さまやお星さまの絵本とともに、宇宙の図鑑にも触れてみませんか?
 そこには美しい宇宙の姿が、たくさん紹介されています。
 まだ文字が読めなくても、その美しさは分かることでしょう!
 
 そして、実際に夜空を覗いてみませんか?
 ご自宅で天体望遠鏡を覗いてみたり、天文台、天体観測館などに出かけてみるのも良いですね!


 小学生くらいになったら、子ども宇宙アカデミーで、天文教育のプロから「宇宙」について学んでみませんか?

 私たちの当たり前の暮らしが、実は、宇宙の営みに基づいて成り立っていることを
 次々発見していってくれることでしょう!

 朝が来て、夜になる… 空の青さ、月の満ち欠け、潮の変化も…

 そもそも一日はどうして一日なのか…?
 宇宙の果ては、どうなっているのか?

 日本でもたくさんのロケットが発射されるようになってきて
 日本人宇宙飛行士も、たくさんおられます。

 スマホの地図やより細かい気象情報が利用できるようになったのはなぜか?を知り
 
 次々に解明されはじめ、報道されている宇宙の最新情報も
 より身近なニュースとして感じ始めていただけることでしょう!

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。